当社の取り組み

当社の取り組み

Our approach

ありがとうカレンダーの配布Thank you calendar distribution

当社では、地域の子供達に夢を与えるために、B2判の大きさの世界地図に、地球の心を一つに結ぶ各国の「ありがとう」の言葉を、各国の民族衣装のイラストと共に記し、更に各国の代表的な挨拶の方法や国旗なども盛り込んだカレンダーを配布しています。

マスコミ掲載実績Media coverage results

地域の子供たちに夢を与えようと奥州市水沢区の寝具販売会社はなまるリビング(鈴木進也代表取締役)は4日、各国の「ありがとう」の言葉を記した世界地図2,400枚を同市と平泉町の小中学校14校に送った。地図は国際化に対応した学習教材として同社が発注。奥州市前沢、衣川両区の11校と平泉町の3校に送った。B2判の地図には、地球の心を一つに結ぶ各国の「ありがとう」の言葉が、民族衣装のイラストと共に記され、各国の代表的なあいさつの方法や国旗なども盛り込まれている。地図の進呈は、14校を代表して平泉小学校(千葉和行校長、児童309人)で行われ、鈴木社長が「国際的な視野を広げるのに役立ててください。」と児童会長の佐々木菜緒さん、副会長の千葉紀香さん(ともに6年生)に地図を手渡した。地図を見ると、英語圏のサンキューをはじめ、メルシー(フランス)、グラッツィエ(イタリア)、スパシィーバ(スペイン)、シエシエ(中国)、グラシアス(アルゼンチン)など、国の位置と一緒に聞き覚えのある言葉が追えた。千葉校長は、「これからの学習で使う場面が多々あると思う。」と感謝し、2人の児童も「外国を知る勉強が楽しくなりそう。」と笑顔を見せた。鈴木社長は、「震災で人同士のつながりが見直されている。素直に『ありがとう』を言える人になってほしい」と有効活用に期待していた。

平成24年10月5日(金) 岩手日日新聞より

心結ぶありがとう
各国の言葉を記した地図 奥州・平泉の学校に

地域の子供たちに夢を与えようと奥州市水沢区の寝具販売会社はなまるリビング(鈴木進也代表取締役)は4日、各国の「ありがとう」の言葉を記した世界地図2,400枚を同市と平泉町の小中学校14校に送った。地図は国際化に対応した学習教材として同社が発注。奥州市前沢、衣川両区の11校と平泉町の3校に送った。B2判の地図には、地球の心を一つに結ぶ各国の「ありがとう」の言葉が、民族衣装のイラストと共に記され、各国の代表的なあいさつの方法や国旗なども盛り込まれている。地図の進呈は、14校を代表して平泉小学校(千葉和行校長、児童309人)で行われ、鈴木社長が「国際的な視野を広げるのに役立ててください。」と児童会長の佐々木菜緒さん、副会長の千葉紀香さん(ともに6年生)に地図を手渡した。地図を見ると、英語圏のサンキューをはじめ、メルシー(フランス)、グラッツィエ(イタリア)、スパシィーバ(スペイン)、シエシエ(中国)、グラシアス(アルゼンチン)など、国の位置と一緒に聞き覚えのある言葉が追えた。千葉校長は、「これからの学習で使う場面が多々あると思う。」と感謝し、2人の児童も「外国を知る勉強が楽しくなりそう。」と笑顔を見せた。鈴木社長は、「震災で人同士のつながりが見直されている。素直に『ありがとう』を言える人になってほしい」と有効活用に期待していた。

フットサル大会の開催はなまるカップHolding a futsal tournament

はなまるカップ

当社では、地域交流や子ども達の体力促進のため、フットサル大会を開催しています。
1人の選手がボールに触れる回数はサッカーの6倍と言われ、選手は常にコートの中でプレーに決断を迫られる強度の高いスポーツで子ども達の判断力も身につけることを目的として開催しました。

平成30年3月19日(月) 岩手日日新聞より
はなまるカップ2018
第1回ジュニアフットサルフェスティバル開催
U-9クラス 8チーム 71名参加 / U-11クラス 8チーム 71名参加

平成31年3月3日(日) 岩手日日新聞より
はなまるカップ2019
第2回ジュニアフットサルフェスティバル開催
U-9クラス 10チーム 85名参加 / U-11クラス 8チーム 65名参加

平成30年5月14日(月) 岩手日日新聞より
2018年ヴィヴァーレ一関キックオフミーティング
当社特別協賛 

令和2年2月26日(水) 岩手日日新聞より
はなまるカップ2020
第3回ジュニアフットサルフェスティバル開催
U-9クラス 16チーム 142名参加 / U-11クラス 16チーム 144名参加

令和3年2月28日(日) 岩手日日新聞より
はなまるカップ2021
第4回ジュニアフットサルフェスティバル開催
U11クラス 12チーム 140名参加

布団の寄付Donation of futon

当社はこれまで、東日本大震災が発生した際、岩手県大槌町の避難所へ、2017年の台風21号の発生時に岩手県岩泉町など、被災された地域の方々へ生活支援の為、布団の寄付を行ってきました。創業10周年を機に、2018年から宮城県内の児童養護施設のご要望がある施設に対して、毎年2月10日の「お布団の日」を目途に、必要な布団を寄付していく社会貢献活動を行って参ります。

小百合園
子供達からの感謝の手紙

2020年2月11日 岩手日日新聞より
仙台市社会福祉法人ロザリオ聖母の会児童養護施設
仙台天使園へ 布団30組寄贈

仙台天使園
子供たちからのありがとうの手紙

2021年2月5日
社会福祉法人
旭が丘学園へ 布団22組とマスク500枚寄贈

2021年2月12日 岩手日日新聞より
社会福祉法人ラ・サール会
児童養護施設ラ・サール・ホームへ
布団8組とマスク500枚寄贈

【2018年】
第1回
社会福祉法人善き牧者会 児童養護施設 小百合園 様へ
宮城県仙台市宮城野区枡江 1-2

ベビー掛布団(95×120) 6枚
ベビー敷布団(85×170) 6枚
ベビー掛カバー(95×120) 6枚
ベビー敷カバー(85×170) 6枚
ジュニア掛布団(140×190) 24枚
ジュニア敷布団(90×175) 24枚
ジュニア掛カバー(140×190) 24枚
ジュニア敷カバー(90×175) 24枚

【2019年】
第2回
社会福祉法人ロザリオ聖母の会 児童養護施設 仙台天使園 様へ
宮城県仙台市太白区茂庭台 4-1-30

シングル掛布団(150×200) 30枚
シングル敷布団(100×200) 30枚
シングル掛カバー(150×200) 30枚
シングル敷カバー(105×205) 30枚

【2020年】
第3回(1) 
社会福祉法人 旭が丘学園様へ
宮城県気仙沼市舘山2丁目2-32

ジュニア掛布団(140×190) 15枚
ジュニア敷布団(90×175) 15枚
シングル掛布団(150×200) 7枚
シングル敷布団(100×200) 7枚
ジュニア掛カバー(140×190) 15枚
ジュニア敷カバー(90×175) 15枚
シングル掛カバー(150×200) 7枚
シングル敷カバー(105×205) 7枚
マスク(50×10箱) 500枚

第3回(2) 
社会福祉法人ラ・サール会様へ
宮城県仙台市泉区南光台2丁目7-5 地域小規模児童養護施設 星の家

シングル掛布団(150×200) 8枚
シングル敷布団(100×200) 8枚
シングル掛カバー(150×200) 8枚
シングル敷カバー(105×205) 8枚
マスク(50×10箱) 500枚